about Namibia

2011年3月 6日 (日)

ローマンカトリック教会

オンダングァで過ごす最後の日曜になるんかな?

警備員のロザリンデはキリスト教のローマンカトリック教会に通っていて聖歌隊に参加していた。話によると日曜拝礼では他のキリスト教の宗派よりも歌が多く唄われるとか。
彼女には夜勤の仕事の合間に聖歌を教えてもらったり、自分の好きな歌を教えたりして
一緒に唄ったりしていた。

今まで何度か教会へ行こうかとしたけど、
正装をせなアカンくて(まあ、当たり前よね)めんどくさい
誘われて行く気になったけどすっぽかされた等々で
日曜礼拝には行ってなかった。
オンダングァを離れる前に教会を訪れる最後のチャンス!ってことで
去年の8月の同僚の結婚式以来のネクタイを締めてロザリンデと待ち合わせをして教会へ。

待ち合わせ場所で
1時間待つ・・・
Dscn0249
やっと来た・・・礼拝がもう終わるんじゃないか?とハラハラしながら教会へ。

教会に着くと少年少女の聖歌隊が歌を唄っていた。
歌声が教会に響いてとても気持ちがいい。
また、神聖な場所であるんで自然に背筋が伸びてシャキッとすると共に心が落ち着く。
以前、同僚・知り合いのオバちゃんの結婚式で日曜日に教会を訪れた時は歌は2回くらいずつくらいしか唄わんかったような(その時どこの宗派かは聞いてない)。
神父さんのお説教、聖歌が何回も繰り返えされる。
Dscn0257 ロザリンデから教えてもらった歌もあり、一緒に唄うことができた。

礼拝が終わり、それぞれ教会を出ていく。
人が少なくなった教会の中で、聖歌隊が軽くリズムをとって唄いながら一列になり行進
しだした。
Dscn0265_r
足踏みの音と歌声が合わさり~大人も何人か交じり、それを見ていたちっちゃい子供達もつられてリズムをとりだす。
みんななんとも楽しそう。

聖歌隊が行進しながら外に出ていって終了かと思っていたら~
聖歌隊のOB、OGが今度はいきなり唄い出した。
こちらは大人の男性・女性パートの年季の入った低音がしっかり加わって歌に厚みが出て、ヨイ!
また楽しそうで~ヨイ!
歌の後の最後の祈り。Dscn0270_r

みんなで分かち合うシアワセなひと時って感じで、とてもとてもヨイ経験した!
写真やビデオを撮っておる場合じゃなかったな・・・

Dscn0275_r

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

ヤギ&へンリー&ミズキ ナミビアツア~ 1日目

初めの予定になかったEtosha国立公園をツアーの初っ端に加える。
実はまだまだ行ったことがなかった。
Otjiwarongoでヤギ・ヘンリーと合流。
テントやら荷物をいろいろ乗せたちっちゃい車に乗り出発。

今日はエトーシャのゲートがあるOkakuejoでキャンプをして、早朝出発予定。
朝早く出発すれば動物がいろいろ見れるとか。
けど今は雨季なんで動物が水場に集まらなく、あまり期待できないかな。

キャンプ場の設備は十分すぎるほど整っていて快適キャンプ。
それぞれテントを設置する。
その後、売店で豚肉を買ってきてブライの準備。
火を起こすのはナミビア人ヘンリーにとってはお手のもの。
彼の言うことを聞きながら火を起こす。
日本から送ってもらってなかなか使う機会がなかったα米(登山や災害時の非常食として用いられる、お湯or水でご飯ができる優れモノ)、ヤギちゃんが首都のチャイナショップで買ってきたインスタントラーメンを用意し、お手軽ディナーを用意する。
出来上がったα米の技術に感激し、
インスタントラーメンのすぐできて美味いことに改めて感動。
ヤギ・ミズキいいモノ持ってくるなまったく。お互いよくやったと褒め合う。
また焼きあがった豚肉がいい具合で、
幸せよ(オンダニャニュカ)、腹いっぱい(オンダクタ)!

Img_0415
   で、寝る。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヤギ・ヘンリーとめぐるナミビアツアー

ナミビアに来る前、自分の隣の隣の隣の隣の部屋で約2ヵ月間一緒に生活していたヤギちゃん。
ヤギちゃんはナミビア南部、自分はナミビア北部に住んでいるということからなかなか会う機会がなかった。
ゆっくり一緒にどっか行けたらなぁと思っていたら、ヤギちゃんがレンタカーを借りて同僚のヘンリーとナミビアを回る旅を計画を立てているのを聞いた。

それはそれはということで
そこにナミビア最高峰Brandberg登山を突っ込ませてもらって
旅に便乗させてもらった。
3人旅。

ヘンリー
ヤギちゃんの同僚。今回のドライバー役。重機オペレーターで、機械の整備、安全運転には一目を置く。
更に驚くほどに時間にしっかりしている。
R0012773_3

ヤギちゃん
たまにオドオドする。が、いろいろ気が利いてよく動いてくれる。
日本にて、黒くないでしょ、仲良さげでしょ。
R0012948_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

ナミビアでのクリスマス

タンザニアへ行くために首都へ。
キリスト教徒が大部分を大部分を占めるこの国のクリスマス。
日本やったら、イルミネーションやら豪華にやっていて見ていて飽きん感じやよな。
ナミビアは、日本に比べ経済力はないからそこまでのはないやろうけど、
クリスチャンの国らしいのが垣間見られるはずだ!
街がどんなふうに盛り上がるか楽しみ。

日本は「イブ!イブ!」って24日の方がなんだか賑やかやけど
ここは25日がメインで休日になっている。

24日。
船便で送ってもらっているカメラがまだ届かなかったから
3時頃、首都の一番でかいショッピングモール「マルアモール」へカメラを買いに行く。
キャノンのデジカメ16,000円くらいのにする。
ちょうど、キリマンジャロへ一緒に登るフーミンとぺぺがスポーツ用品店で
登山用の服とか道具を閉店前に慌てて買っていた。

店はほとんどが夕方4時頃で閉店。
お客さんも買物をすませたのか思ったほど多くない。
店内はクリスマス用の飾りつけは程よくされておるけど
閉店間近やったからか、マルアモールのクリスマス前の賑やかさはいまいち伝わらんかった。

夜は年末休みを取って首都に上がっている仲間のクリスマスパーティーにまぜてもらった。
いろいろ手の込んだ料理が出て、大満足!

25日。
腹下りがひどくて検査入院した辻ちゃんのお見舞いへ行く。
テレビ付きの病室で、クリスマスのチキンが夕食に出るみたい。
なんともうらやましい!
贅沢ですよ。
ともあれ、本人の体の調子が良くなってきたからよかった。

それから、本日もみんなで集まっての夕食にまぜてもらいにチヒロさん家へ。
チヒロさん家では稲荷寿司とカレーパーティー。
うまかった~。

パーティーの後、宿へ戻ったらガーナのアユちゃんとムサシから電話があった。
アユちゃんは相変わらずのテンション。あの声聞くと元気が出るね。
ムサシは12月に事故にあったみたいやけど大丈夫そう。
久しぶりに声が聞けてよかった。

で、で、
チヒロさん家へ行く途中、首都の中心地を通った。

寂し・・・ クリスマスにこんな寂しい首都の中心街はイヤヤ・・・

有名な公園にはいつもより人が多くおったかな?
どの店も閉まっとって、通りには人影が見えずまるでゴーストタウン状態!?

きっと、みんな自分たちの家で盛大にお祝いしとるんやろうな~?

そんなわけで、日本とは全く違った雰囲気のクリスマスやった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

クリーンキャンペーン その2 と オークション

ここOndangwaは道端にゴミが投げ捨ててある。
誰でもどこでもポイやからなあ。

ビール瓶、空き缶、ビニール袋、ビニールの包装紙とかがいっぱい。
生モノはしばらくしたらどっかに消えてしまうけど。

こっちは乾燥しておるから外に捨てた生モノでもあんまり臭わない。
低所得者層の住んどるトコは、
まわりをビニールや鉄板で囲っただけの青空便所で
囲いの外にチョロチョロと済ませたモノが流れていく。
大きい方はわざわざ見たくないし、聞きたくないからどうなっとるかわからんけど。
そんな便所があちこちにあるけど
やっぱり乾燥しとるからか、あまり臭わない。
日本やったら臭くなってエライコッチャや。

ナミビアでは
ゴミや排泄物は知らないうちに乾燥して無くなる言うのが昔からの基本なんやろうな。

けど今は捨てても自然に無くならんモノがあふれてきている。
生活の向上の速さに、人の頭がまだ追いついてないような感じがするな。
それじゃイカンよナミビア。

で役場職員でゴミ袋を持ってゴミを拾う。
どこでもゴミ捨てたらアカンよ~、ゴミ袋あげるからゴミ拾っておいてね~って。

クリスマスが近いこともあり、
住民を役場に集めて、お昼のサンドイッチ、ジュースサービスのゴミについての話があった。
オシワンボで話され内容は全く理解できんかった。
同僚が
「今あの話しとるオバちゃんが、中国人がどこでもゴミを捨てて町を汚くしとると言っとったぞ」
と東洋人のオレに話してきた。
それもあるかもしれんけど、そうでもないやろ!

わかったのはそこだけで、さらにオシワンボオンリーで何も言い返せず
サンドイッチ、ジュースをもらって食べる。
なんか考えよ。

その後コンビ乗り場の近くを通ると人だかりがあった。
そこで、いろんな品物の山を100近く地面に広げてなんかやっていた。

そばにいた人に何をやっとるか聞いたら
「そこで建物を借りて商売しとった中国人が家賃を払わずにどっかヘ逃げてった。その残していった商品をしかたなくオークションしている」と。

品物はチャイナショップによく売っている品質の良くなさそうなモノばっかり。
欲しいモノがないな~とブラブラしていたら、
「オイ、なんか買ってけ、中国人!」とオッちゃんに声をかけられた。
ミ「中国人じゃない、日本人や。欲しいモノはないです」
オークションを見とると安いは安いけど、ホンマに買いたいモノがない。
話を聞くとそのオッちゃんはその建物のオーナーで
中国人はロクなやつがおらんって言っておった。

一部が目立つことをすれば、
グループ全体がその一部のイメージになってしまうんやな。
民族が違うからそういう風に考えるんかな?

日本は同じ民族、同じ言葉を喋ってひとつのグループというイメージで
あこのグループは・・・ってのはあんまりないような気がするけど、
ナミビアはいろんな民族がいて、南アやヨーロッパからも民族が入り、
中国人もドーンと入ってきている。

他民族になるとそういう考え方になっていくんかな? 
どうなんやろ?

3時間後くらいにオークションをしていたとこを見てみたら
ほとんど完売に近い状態。
買った物をまたどっかに売るみたい。

ホンマに売れるんか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

Euni

ティエポがこれ食べてみろと持ってきてくれた。
ナミビアのフルーツ 「エウニ」
外見はオレンジ色。
中身は焦げ茶色のトロトロした具合が悪くなりそうなモノが入っている。

恐る恐る食べる。 意外にうまい。

ソフトボールくらいの大きさで皮?殻?が堅い。
よ~く振ると中でチャポチャポと音がしてくる。
それから、ナイフで「ふんぐっ」と5~6cmくらいの穴をあける。
中には甘酸っぱい果汁がジュースみたいに溜まっていてそれをゴクゴク飲む。
種が柔らかいトロトロのモノに包まれていて
それをしゃぶってから種を外に捨てる。

冷やして食べるとさらにうまい。

最近道端に穴のあいた丸い皮?殻?がいっぱい転がっていて
なんやこれと思っておった。

ソフトボールの大きさで約6円。それより一回り大きいので約12円くらい。
安い。

ナミビア北部の国境沿いで採れるみたい。

写真がないとどんなんか伝わらんかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

ふたつの事件

どちらも身近で起こった

ひとつ目は
自分が週末に行ったプールへ月曜日に石橋さんが泳ぎに行ったらしい。
泳いでいた石橋さんの背中に人が飛び込んできたみたい。
まわりを見ないで飛び込む輩がおるみたいで・・・
幸い大事には至らなかったみたいやけど。
怖いね~。

ふたつ目は
週末に行っていた隣町Ongwedivaに正体不明の動物が出没して
少年ひとりが襲われて亡くなったそうな。
その前にOndangwa近くの村のヤギが数頭殺された。
なんでもOndangwa近くの村に住む魔女がその動物を飼っているらしい。
魔女!?
マー君の学校にその村出身の生徒がいて、その生徒の話では
その村に一軒だけ大きな家があり、そこでチーターか何かを飼っていて、しかも時々放すとか。
チーター!?
マー君宅前にも結構大きな動物の足跡があって、調べてみたとこ
ハイエナかレオパードの足跡かなと。
Ondangwa近辺に魔女と猛獣!!!
夜行性やから夜フラフラしたらあかんな。
怖いね~。

どっちも気を付けよう。
そんでどっちもマー君情報で、
メールの内容はほとんどそのままに近かったな。
まぁ。

魔女ね・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

クリスマスパーティー

昼に外仕事から戻ってくると
役場の何人かが外に椅子を並べたり、
火を起こしてブライ(焼肉)の用意をしたりしている。

役場でクリスマスパーティーをするんやって。
へ~知らんかった。

衣装ケースくらいの容器いっぱいの牛肉、
洗面用器3杯分の鶏肉、
洗面用器3杯分のソーセージ、
でっかいタライ3杯分のマカロニ。

あんな量のマカロニ見たことない!
マカロニ以外もそうやけど、どんだけ食べるん!? ってな量。

で、牛肉を焼く。
焼きたてをつまみ食いできて最高!
で、焼き続ける。

焼いた肉と、作ったマカロニのサラダをパックに詰めていく。

60人くらい集まったかな。4時過ぎにパーティーが始まる。

聖歌を唄って、国歌を唄って、町長らの挨拶があって
頑張ったで賞の授与があって~全部現地語のオシワンボ。

その後に
いきなり呼ばれて、前に出て来いと。
みんなの前で改めて?紹介され、
オシワンボで名前言ってくれと。

名前くらいなら・・・
それだけじゃなぁと思って、知っているオシワンボを使って喋るがぁ~
いきなりやったからあんまり出でこない!
中途半端なオシワンボと英語のわけわからん挨拶になってしもた・・・

それからいろいろ話があって、
ひとりひとり肉とマカロニが入ったパックもらって食事会。

なくなるもんやな~。

みんな食べた後のパックやら、ビールやジュースの空き瓶をポイポイ捨てる。
自分は役場の敷地に住んでおるから、
週末はゴミ拾い大変やな~と思っておったら
酔っ払っていい気持になって踊っておった若者がゴミを集め出して~
おっ! 酔っ払いながらもいいとこあるやんけ! 
一緒にゴミを集めた。

けど残念なことに、ゴミ袋が2枚しかなかった・・・
それはしっかり用意しておいてほしかったなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

選挙結果

選挙はどんなに盛り上がるんやろ~と楽しみにしていたけど
日常と変わらんかったかな。。

で、その後の結果はどうなったかというと
シラ~っと役場の隣の投票所跡の壁に貼ってあった。

Ondangwa Town Council 投票所の結果

国会議員選挙 (有効票 1685票)
1 SWAPO 1542票
2 RDP 192票
14政党あって、政党別に投票で比例代表選挙みたいな感じなんかな。
3位は10何票、でそれ以外は1票、2票とか。
SWAPOの圧倒的勝利。

大統領選挙 (有効票 1680票) 
1 Hifekepunye Pohamba(現大統領 SWAPO) 1474票
2 Hidipo Hamuntenya (RDP) 169票
15人が立候補。
3位は10何票、でそれ以外は1票、2票とか。
現大統領の圧倒的勝利。

Ondangwaのいくつかある投票所のそのうちの一つの結果。
全国の集計はどうなったかわからんけど、
今までの選挙と同じように勝ち負けがはっきりした選挙なんかな。
もしかして国会議員は全員SWAPOになったりして・・・

テレビを見てないのと、選挙後に新聞を見てないのもあるんかな
選挙後は、誰が!?どの政党が!?って熱があんまり感じらんかったな。

Ondangwaに関しては選挙後も騒動が起こらなくてよかった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

ナミビア大統領選挙

昨日、今日の2日間はナミビア大統領選挙投票日。

外国の大統領選挙初体験!
選挙権はないけど。

何か騒動が起こるかもしれないから
外出は自粛した方がよいと日本の事務所から連絡がある。

まあ、いつもと変わらない土日。
盛り上がりも感じず、ちょっとさみしい気もするけど、

何事も起こらずよかった。

結果は月曜日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧