« 2010年9月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の記事

2011年2月22日 (火)

オポウリ お久しぶり

Img_0761この通り元気にしております。
新聞に載ったばかりに忙しくなったわけではありません。

1か月後に帰国します。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

バオバブの木の下で

Outapiへ。
オバンボランド隊員の送別会という名目の飲み会に参加。

会の前日、ダグラス・カオルが働くOutapiのユースセンターにお邪魔すると、
Outapi村?長がいたので一緒にパシッと。

Dscn0010

当日の午前中、、ダグラスが「ブートキャンプ」のDVDを見せて「やってみません?」と。
しょうがなくやってみる・・・50分ヘロヘロになりながらも満喫。
カオルが「いい笑顔でしたよ~」って秘かに撮っていた写真を見たところ、
2人の目が輝いていた。

Desktop2

で、で、今回は名物バオバブの木の下でブライ(焼肉)パーティー。
バオバブライだそうです。
リョーちゃんが肉の仕込み、炊き込みご飯おにぎりを用意してくれました。

でっかいバオバブの木の下で牛タン食べて酒飲んで
ドウデモイイ話、ど~でもいい話、いろいろ話したな。Dscn0033
こうみんなでワイワイやっていると送別される側の実感は全く湧いこない。

ダグ・カオ邸へ戻り再び飲み。
ダンスをやっていたメンバーがダンス披露。
酔った勢いでなんとなくわかるとこだけ適当に後ろの方で参加。
ヨサコイはしっかり交じってみる。
なかなか楽しく、ダンスやっとけばよかったかなあと今更思う。
それからみんなで唄って~それぞれ勝手に寝ていく・・・Ryozi_59_3

全くよい仲間です。

Mami_14_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

ヤギ&へンリー&ミズキ ナミビアツア~ 1日目

初めの予定になかったEtosha国立公園をツアーの初っ端に加える。
実はまだまだ行ったことがなかった。
Otjiwarongoでヤギ・ヘンリーと合流。
テントやら荷物をいろいろ乗せたちっちゃい車に乗り出発。

今日はエトーシャのゲートがあるOkakuejoでキャンプをして、早朝出発予定。
朝早く出発すれば動物がいろいろ見れるとか。
けど今は雨季なんで動物が水場に集まらなく、あまり期待できないかな。

キャンプ場の設備は十分すぎるほど整っていて快適キャンプ。
それぞれテントを設置する。
その後、売店で豚肉を買ってきてブライの準備。
火を起こすのはナミビア人ヘンリーにとってはお手のもの。
彼の言うことを聞きながら火を起こす。
日本から送ってもらってなかなか使う機会がなかったα米(登山や災害時の非常食として用いられる、お湯or水でご飯ができる優れモノ)、ヤギちゃんが首都のチャイナショップで買ってきたインスタントラーメンを用意し、お手軽ディナーを用意する。
出来上がったα米の技術に感激し、
インスタントラーメンのすぐできて美味いことに改めて感動。
ヤギ・ミズキいいモノ持ってくるなまったく。お互いよくやったと褒め合う。
また焼きあがった豚肉がいい具合で、
幸せよ(オンダニャニュカ)、腹いっぱい(オンダクタ)!

Img_0415
   で、寝る。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヤギ・ヘンリーとめぐるナミビアツアー

ナミビアに来る前、自分の隣の隣の隣の隣の部屋で約2ヵ月間一緒に生活していたヤギちゃん。
ヤギちゃんはナミビア南部、自分はナミビア北部に住んでいるということからなかなか会う機会がなかった。
ゆっくり一緒にどっか行けたらなぁと思っていたら、ヤギちゃんがレンタカーを借りて同僚のヘンリーとナミビアを回る旅を計画を立てているのを聞いた。

それはそれはということで
そこにナミビア最高峰Brandberg登山を突っ込ませてもらって
旅に便乗させてもらった。
3人旅。

ヘンリー
ヤギちゃんの同僚。今回のドライバー役。重機オペレーターで、機械の整備、安全運転には一目を置く。
更に驚くほどに時間にしっかりしている。
R0012773_3

ヤギちゃん
たまにオドオドする。が、いろいろ気が利いてよく動いてくれる。
日本にて、黒くないでしょ、仲良さげでしょ。
R0012948_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年3月 »