« Ondangwaサッカーキャラバン | トップページ | Livingstoneへ »

2010年2月25日 (木)

Katima Muliloへ

タッさんに誘われ、ヨーイチさんと隣の国ザンビアへ行くことに。
今日はナミビア北西のピョコッと飛び出た国境の町
Katima Muliloまでコンビを乗り継いで行く。

Ondangwa発のコンビがなかなか客が集まらず出発しない。
その間オープンマーケットをブラブラ。
ファットケーキを売っているMemeが自分の名前を呼んできた。
全く記憶にないけど、どっかで話をしたんやろうな。
そのMeme、今日が誕生日らしく、
自分の顔写真が入ったHappy birthdayTシャツを着ていた。
おめでとうと言ってあげたら、アメをくれた。
幸せのおすそ分けかね。

結局3時間待って11:30出発。
Katima Muliloまで約1000km。何時に着くやら。

14:00 Tsumeb到着。タッさん、ヨーイチさんと合流。
タクシーを40分乗ってGrootfonteinへ。
ここでRundo行きのコンビが見当たらずヒッチハイクする。
Ondangwaからコンビを乗ってきたからというので、自分は助手席に座らせてもらう。
他の2人は荷台。
日本から送ってもらった粉末の緑茶をペットボトルに溶かして持っていて、
それを飲んでいたら、運転手のおっちゃんが「なんやそれ?」と。
「これは日本のお茶で、飲んでみる?体にもいいんよ」
色も緑色やし、気持ち悪そうな飲み物に見えるやろうな。おっちゃん不安そうに飲む。
「マズイ!ニガイ! こんなん甘くもないし、よう飲むな。ワシのコーラやるから飲め」
って、おっちゃん。
日本には甘くないお茶がいっぱい売っているとか話す。

Rundoに到着するがコンビが見つからない。
ガソリンスタンドの兄ちゃんがKatima Mulilo行きの車を見つけてくれる。
子連れのビッグママも乗せて、17:30 Rundo発。
この車がかっ飛ばすかっ飛ばす。平均速度170km/h。
日が落ちて辺りが暗くなっても、120km/h台で走る。

ビッグママは途中で降りる。
が、お金を今持ってなくて、迎えに来る旦那が来ればお金を払えると言う。
旦那はもう20分したら到着するらしい・・・・しばらく待ってみるがなかなか来ない。
お金は今度折り返してきた時に会って払うと言うけど、そんなうまいこといくわけがない。
いつ来るかわからん旦那を待っていてもな~、こっちも先を急いでいるのもあるから、
運転手のおっちゃんはビッグママからお金を回収するのを諦めた。
ビッグママ、うまいことやったな。

Katima Mulilo 到着。かっ飛ばしたおかげでだいぶん早く着いた。
それでも時間は22:00。
今晩お世話になるイマイさんやKatima Muliloの仲間が食事を用意して待っていてくれた。
ありがたい。ごちそうさま。お世話になります。

イマイさんから日本のモノいろいろもらう。
お茶漬けの素、ポカリ、海苔、折り紙、消しゴムのおもちゃ、なんかのおまけのフィギア。
おまけのフィギアがこれまた懐かしいプロレスラー。
ドリーファンクJr.、タイガージェットシン、ブッチャー。
ナミビアにて、漫画のプロレススーパースター列伝を思い出す。

で、ゆっくりくつろがせてもらう。
ここKatima Muliloはナミビアの中では湿度が高い方なんかな?ちょっと蒸し蒸しする。

|

« Ondangwaサッカーキャラバン | トップページ | Livingstoneへ »

コメント

ナミビア生活も早いもので、折り返しですね。後1年、体に気を付けて、任務を遂行してくださいね。みちのくで帰国を楽しみに待ってます。

投稿: カワイイ後輩 | 2010年4月 9日 (金) 15:53

カワイイ後輩
ホンマやな、あっという間や。
ありがとね。そっちも体に気をつけてな。

投稿: ミズキ | 2010年4月10日 (土) 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1197850/34024103

この記事へのトラックバック一覧です: Katima Muliloへ:

« Ondangwaサッカーキャラバン | トップページ | Livingstoneへ »