« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の記事

2009年11月30日 (月)

夏に会ったタビカメ君

たまたま今年の夏に会ってちょっとだけ一緒に行動した
髪の毛がボサッと長く
強い風が吹けばヒョロっと飛んでいきそうな
バックパッカーのタビカメ君が
南米にいるらしい。
人間、行こうと思えばどこへでも行ってしまえるもんやな~と。

タビカメ君のHP(http://www.no-border.net/)にナミビアの写真とか載っとるから
見てみてちょうだい。
あと、タビカメ君、日本へ帰った時なんかしたいみたいで
そのことについての話を載せた?ブログを作ったみたいでそれも一緒に
http://ameblo.jp/snpnet/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

ナミビア大統領選挙

昨日、今日の2日間はナミビア大統領選挙投票日。

外国の大統領選挙初体験!
選挙権はないけど。

何か騒動が起こるかもしれないから
外出は自粛した方がよいと日本の事務所から連絡がある。

まあ、いつもと変わらない土日。
盛り上がりも感じず、ちょっとさみしい気もするけど、

何事も起こらずよかった。

結果は月曜日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

マリアの服

マリアとフランスが家にやって来た。

フランスは寝る。
マリアに日本にはこんなんあるよって
日本の仏像が乗っている雑誌を見せる。

兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)の写真を見て
「この人が着とる服作りたい。タケスィ、写して」って。
着ておるのは服じゃなくて鎧なんやけどな。
まあ、適当に描いてあげる。

服の色は赤と黒を使って~ここは赤で、ここは黒でって、
色を塗ってイメージをつくってあげる。

出来上がって、マリアは喜んで描いた絵を持って帰ってった。

こっちの女の人は自分で服を作るみたい。
出来上がったら今度見せてもらおう。

で、そのマリア、絵を描いとる最中の会話の中で
 14歳くらいの時に初めて白人を見た時、
 なんで自分はこんなに黒くて汚いんやろ~って思って
 石鹸で一生懸命に腕とかを洗ったことがあったとか。
 結局、当然ながら色は落ちず、家族に笑われたそうな。

いくら思春期やといっても、そんなこと思うこともあるんや~と、ビックリした。
白い白人さんへのあこがれ?
まあ、マイケルジャクソンもその傾向があってああいう感じになったんかな?

日本でも、逆に黒人さんにあこがれて黒くなりたい人がおるよって。
日焼けサロンで真っ黒になって。

フランスは起きて帰ってった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

リスペクトされたいものです

Ondangwaへ帰る為Windhoekから北部へ向かうコンビが出発するモンテクリストへ。

ナミビアへ来て北部へ初めて向かう時、ここはコンビが散らばっていて、
客取り合戦でエライコッチャなとこやった。
呼び込み同士のド突き合いやら。
それこそ、どさくさにまぎれてスリや盗みがありそうな~。
そんで仕切りのオバちゃんが出てきて、
ムチでバシバシやったり、スタンガンをバチバチいわせたり。
アフリカ怖~って。

それからはモンテクリストのコンビステーションは整備されたみたいで
コンビは出発順に並ぶようになって、以前のような騒ぎはなくなった。

落ち着いたはず・・・やったけど~
モンテクリストにタクシーが着いたとたん

ドワーッと呼び込みが集まってきて
手を掴まれ
荷物を掴まれ
もみくちゃ・・・

また前の状況に戻っておる・・・

こっちのコンビの呼び込みと
そっちのコンビの呼び込みと
あっちのコンビの呼び込みと
むこうのコンビの呼び込みと
自分と
荷物の奪い合い。

取れそうになっていた自分の安物バックの持ち手がブチッとちぎれ痛々しい。

どうしようもならんな~とアタフタしとったら
ガソリンスタンドの警備員?がムチをもってやってきて
ガソリンスタンドに避難しろと助けてくれた。

コンビの呼び込みがガソリンスタンドに入ってくると、追い払ってくれる。
「君らの代わりにコンビを見つけてきてやるから、ここで待ってなさい。」と。
5分後くらいに
「あのコンビが今出るから、それに乗りなさい」って。
ありがと~! オッちゃん!

今度からここに着いたら、まずガソリンスタンドに逃げ込も。

乗客も揃って出発!
そこで、運転手が帳面やらを見てモタモタしていると、
外からそのコンビの呼び込みが運転手に
「モタモタしとらんと早く出発せい!」って言った後の一言

「リスペクト カスタマーズ!」

おい、くぉら~~~!
今になって客を敬うか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

首都でいろいろ

まだ首都におります。

年末にタンザニアへ行くための飛行機代を旅行代理店に支払ってくる。
タンザニアへキリマンジャロ登山。
2010年の正月初日の出はキリマンジャロ山頂で拝むことに。
(高山病にかかってなかったらやけど)

航空チケット 1,696  US$ (12,355 N$/7.285)
登山ガイド       1,200 US$
なかなか値が張りますな。でも楽しみ。

支払いを済ませてからオリンピアのプールへ行く。
入場料N$5、安い!
50mプールもあり、芝生で寝っ転がれ、設備も整っている。

平日やから人が少なく、白人のオネーさんがたも日光浴しにチラホラ見える。
そういうのをちょっと気にしながら泳ぐ。

昼過ぎになると高校生?が集まってきてキャッキャしだす。
そこたらじゅうでキャッキャするもんで思いっきり泳げなくなる。

で、ちょうど今、ナミビア一番のショッピングモール、マルアモールの映画館で
マイケルジャクソンの「THIS IS IT」を上映していたんで見に行く。

チケットを買うと、違う映画が記入されていた。
「これ違う映画の名前書いてあるけど大丈夫?」って聞くと
チケット売り場メメ「気にするな、大丈夫」って。

席はガラガラ。
席に着き予告を見る。
同じ映画の予告を2回やる。

マルアへ買物をしに来ていたぺぺがポップコーンを持って合流する。

映画の画面の両サイドはぼやけて?ちょっと暗くなっていてちょっと見にくかった。
映画の最中、ぺぺがポップコーンをドワッとこぼす。

マイケルジャクソンのライブツアーのリハーサル風景のドキュメント映画。
マイケルの普段は見れないアーティストとしての一面が見れた。
このライブツアーを見られないのが残念。

映画が終わってエンドロール。
見に来ていた他のお客さんはさっさと帰る。
エンドロール中、余韻に浸っていたら照明が明るくなって・・・
まだ明るくせんでよ~。

最後の最後にまたなんかあるかもしれんのにねぇ、まったく。

夕食は「The Wine Bar」
キンさん、チヒロさん、マミちゃん、ぺぺと。
なんとも自分は場違いな感じはするけど、せっかくやし。
Windhoekの夕焼けを見ながらワインをタシナム。タシナム。
案の定、中休みの衝動は避けられず・・・しばらくして復活。
けっこう飲んだな~。
「南アフリカ産のワインはやっぱりおいしいですよ~!」
なんて言ってみたい。
キンさんごちそうさまでした。

本日の出来事は以上。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

11月21日 夜

たまたま一緒になったノリちゃんとゴハンを食べに行くことに。

総会初日の懇親会の料理の中で生ガキが用意されていた。

ノリちゃんと自分がカキをもらおうと順番を待っていたらちょうどなくなって
ホテルの人が「今持ってきます」って言ったきり出てこなかった・・・

ノリ「そんなわけで、ど~してもカキ食べたいんです!」
よっしゃ、そんならカキ食べにいこか!と
生ガキがある店へいく。

そこは前に親が来た時に行ったことがあるポルトガル料理屋。
ウエイトレスのメメが自分のことを覚えていて
「写真は持ってきてくれた?」って。
そういえば、メメと親と一緒に写真撮ったな!
今度来るとき持ってきますよと。

店内のテーブルにはろうそくが置かれていて、なんとも上品な感じ。
男2人でそんな上品な感じはなんとなく気持ち悪いんで、
奥のテラスの席に着く。

2日前?にモリモリとサカモト氏がここにカキを食べに来た。
モリモリが1個、サカモト氏が3個やったかな?食べて
モリモリだけがカキにあたった。

そんなん気にしてもしょうがない、今を楽しんでいこう!
生ガキを注文。

うまい・・・し、あ、わ、せ。

それからメインの料理も頼んだけど、
お腹がいっぱいになってありがたみが損なわれる前にさらに生ガキを楽しもう!と追加。

注文を取りに来たメメ、
「こいつらどんだけ食べるんや」というような顔で含み笑いを浮かべて厨房のほうへ行く。

カキの盛り合わせ6個でN$45だと最初思っていたのが、メニューの見間違いで生ガキは時価になっていた。
1個N$15やった。
高いのね。でも美味いのね。

財布の中身を見ると食べたい放題食べれるほどお金は入っていなかった。
帰りのタクシー代も考えながら。
けど今日はお金のある限りカキを食べようと。

マネージャーがテーブルにあいさつに回ってきた。
ここはそういう感じのしっかりした店なんよね。
メインを食べながら、カキが気になったんで
「カキはあとどのくらいあるんですか?」と聞くと
マネ「もうありません」と。
他の客にも提供したいが為に・・・こいつは嘘ついとる!  と直感的に思った。

マネージャーがあっちへ行った隙にメメにまだカキはあるか確認したら~
ほら、やっぱりまだあった!
最後の締めはやっぱりカキでとまた注文する。
メメは含み笑いで厨房へ。

それぞれ7個の生ガキを食べた。
帰りのタクシー代を除いてスッカラカンになった。
食事代ひとり3000円くらい。
大満足!お腹こわしてもそれは明日のことだ!

次の日は2人ともお腹をこわさず
メデタシ、メデタシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月21日 午後

ナミビアのソフトボールチームが日本人と試合をしたいということで
高校時代以来?のソフトボールをする。

ナミビアで1、2位くらいのチームらしい。
おっ、そろいのユニフォームやないけ。
ん、上はサッカーのユニフォームでズボンだけソフトボール用か。
投げ方を見てもそんなにうまくない。
ソフトボールはメジャーじゃないからしょうがないんかな?

そのチームの監督が審判をする。
このオジサン、審判の国際免許を持っているらしく本格的。
で、このオジサンの嫁さんはどっかの国のナショナルチームでピッチャーをしとったみたく
投げる球がむちゃくちゃ速いらしい。
オバサンの投球は見ることができず、オバサンはスコアを付ける。
スコアを付けるって!? 公式戦並みの扱い!?

試合前にキャッチボールをする。
なかなかいけるやんけオレ。
よしゃ。

試合開始。
相手のピッチャーは球が定まらず、いいとこへ来た球は見事打ち抜いて日本チーム大量得点!
攻守入れ替わり、自分はセンターの守備に入る。
ささっと3つアウトを取って~と思っていたら、意外にボッカンボッカン打ってくる!?
キャッチボールでは調子良かったけど、守備は散々やったな。
エラーするし、取ったはいいものの、あわてて投げてしまい連携がうまくいかず・・・

大量点取って、大量点取られ、そんなんの繰り返しでなかなかいい試合?
相手のピッチャーも回を重ねるごとにうまくなってきた。
キンさんの予告ホームランが出たり!
サカモト氏のランニングホームランが走っている途中でヘルメットを脱いでしまってアウトになったり(塁に出とるときヘルメットを脱いだらいけないそうです、知らんかった)。

結果は17対16で辛勝!

いやいや久しぶりのソフトボールは楽しかった!
しっかり練習してまたやりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月21日 午前

ガジャ氏、キクチ氏、アイノ氏とで
突撃工事現場訪問!を決行。
一体ナミビアの建設現場ではどんな感じで仕事をしとるんだろう?
突撃やから当然アポなしで。

目ぼしいとこは何件かあって、
まあ、ダメならどっかでお茶でも、ってね。

Windhoekの中心地のホテルの建設現場へ。
中国の企業が工事している。
大きい建物の工事はほとんど中国系の企業が行っているみたいな感じやな。

守衛さんに、
「自分たちの勉強がてら建設現場を見せてもらってもいいか?責任者を呼んで来てもらえないか?」
と伝える。中国人の現場監督?がやってきて、
「見たかったらどうぞご自由に」ってな感じで、
すっきり、あっさり、すんなりヘルメットを渡してくれて去っていく。
もし日本でわけわからんのが工事現場を見てみたいってやってきたら
まず、断るんやけどね、ビックリ拍子抜け。

地下から屋上までの躯体は出来ていて、内部の壁やら、設備の配管、配線をしている最中やった。
日本の工事現場に比べると、危険なとこがいろいろ目につく。
日本と違って、この日まであれをどうかして、これをやって~っていう切羽詰まって作業している感がない。急がずやっとる。
あちこち見て回って、作業員はだいたいヘルメットをかぶっていてなかなか優秀やなと思った。
ヘルメットにアゴ紐は付いてなかったけど。
まあ、何よりも自分が半ズボンで現場にいるというのが大問題かなと、反省。

で、屋上へ行ってWindhoekの景色を見て~
工事現場の屋上は気持ちいい!
みんなで記念撮影してきた。

今度首都に来た時、またどっかの工事現場訪問やってみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

総会 2日目

総会2日目は朝から。

何人かの活動報告があったり
いろいろ刺激になってよかった。

総会の話、短っ!

午後ムギちゃんが持ってきたナミビアの環境教育?のDVD上映会。
なかなか面白い内容やったけど、全部英語やったから~わからないとこもあり
また後で見てみたい。

それからカジさん主催の会合を
リラックスして話をしようじゃないかということでプールサイドで。
配電盤の組み込みやら電気制御の話で、さっぱりわからず。
気持ちは完全にすぐそこのプールへ。

会合の後、すぐプールに飛び込み、泳ぎまくる。
ホテルには2か所プールがあって、ここは酸っぱくはなかった。

夕飯は同期の仲間と他何人かとで中華料理を食べにいった。
そこは食材も売っているんで、
SUSHI RICE(オーストラリア産米かな)と小豆(あんこ作る用)を買った。
前回来た時にいたメメにオシワンボであいさつしたら
はにかみながら「アタシあなたのこと覚えてますよ」って。
まったく、かわいいね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

総会 1日目

ホテルにプールがあると聞いていたから水着は用意してきた。

総会は午後からあるんで
午前中はホテルのプールを満喫しようとぺぺを誘う。

そのプール、
水の中で目を開けているのがものすごくつらい!

そんで
酸っぱい!? ホンマスッパイ!
塩素消毒いうよりも、酢をたっぷり混ぜた感じのプール。

気にしないようにして
台をプールサイドに持ってきてジャンプ台にして
ぺぺと前宙やらいろいろして飛び込み合う。

ヤギちゃんが後からやってくるがプールには入らずプールサイドでのんびり読書。
ヤギちゃんの住んでいるトコのすぐ裏にプールがあって毎日プールで泳いでいるらしい。
「フフフ、ボクは毎日泳いでいるからいいんだよ~」ってな雰囲気。

それから、キンさんが浮輪を持ってきたり、他の人も集まってきたりして
午前中いっぱい泳ぎまくった。
モリモリも泳ぎにきたけど、彼はやんちゃやな。

それからホテルのランチをすませて午後から総会。

あれだけ泳いで、ランチを腹いっぱい食べて~
総会は確実に夢の中かな~がんばって起きとらなアカンと思っとったけど
頭は冴えて目はパッチリ!
内容も面白く、なかなかよい総会第一日目になった。

総会の話、短っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

首都へ

明日首都で総会がある。
首都へ行く時はコンビ(長距離相乗りタクシー)を使うわけで
毎回嫌~な思いをする。

朝、マミちゃんと合流してコンビステーションへ。
5、6台のコンビがあちこちに停まっていて客を集めている。
どのコンビが早く出発するか二手に分かれて見てこようと。

ちょっと大きい荷物を持っていて、こいつは首都へ向かうんやなと見えたとたん
コンビの呼び込みが周りにグワ~っと集まってくる。
「オ~マイフレンド!オレのとこに乗ってくれ!すぐ出発するから」と言って荷物をつかんで離さない。
早く出発するコンビを見つけたいけど、呼び込みを振り切ることでいっぱいになる。
荷物の取り合いをしとる隙にモノを盗まれることがありうるんよね。
コンビ探さなあかんし、客の集まり具合知りたいし、けど呼び込みを振り払いたいし、
荷物の盗難やスリに注意せなあかんし~
も~忙しい。

案の定マミちゃんもあっちの方で捕まって身動きが取れてない。

コンビの中が客で埋まっていて「あと2人集まればすぐ出発するから」と言われて
お金を払って乗って待っていると
客としてコンビに乗っていた何人かがソロソロ~っと降りてきて客集めをしだす。
おぉ~~っと!?
呼び込みが客になりすましておることもある。

結局疲れて、その辺のピンときたの(あてにならんけど)に決めて
コンビの中から「早く出んかな~」と呼び込みと他の客のやり取りを見ている。

今回はコンビステーションに着いてから1時間以内で出発できた。
案外早い!
3、4時間待ちいうのも結構あるから。

新幹線の東京~新青森駅間が675kmで
Ondangwa~Windhoek間も675km。その間を7時間で。

5時半頃Windhoekのモンテクリストに着いて
ヤギちゃんから一緒に中華食べないかと誘われたけど、そんなにお腹が減ってなかったから断って
その辺のオープンマーケットでいろいろ買って、
その辺のバーに持ち込み、ビールも買って夕食にした。

ここに来たばかりの時はこの辺りは怖そうなイメージがあったけど
オシワンボのあいさつを覚えて、ちょこっと現地語で話すことができるようになった今は
現地の人とあーだこーだ言い合えるようになって、ここのイメージは変わったかな。

オープンマーケットでナミビア初の「ヤギの頬~顎の部分」を買って食べた。
歯もしっかり付いている。見た目グロい。
犬の口のまわりの黒いブニブニしたとこみたいなのがこのヤギの頬~顎のあたりに付いている。
食感と味はわるくはないけど、
ヤギの歯は付いておるし、犬のブニブニも想像してしまうし
なかなか勇気がいる食べ物やった。

もう食べるとこはないと思っていたら、横に居たナミビアンがそれをくれと言うんであげた。
そしたら食べられるとこはまだいっぱいあったみたく、ガシガシ食らいついてキレーになった。

その後、総会が開かれるホテルへ。
こらまた立派なホテル!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

SWAPO!!! RDP!!!

午前中、パトカーのサイレンがやたら鳴っていて~
なんやなんやと見に行く。

小さいトラックや大きいトラックに人をいっぱい乗せて
旗を掲げて、歌を唄ったりしながら通りを走っている。

普段よく見るのはSWAPOの旗やけど、
今回はRDPの応援の車が列をなして走っている。

ナミビア大統領選挙が今月末にある。
現大統領の政党SWAPO (Southwest  African People's Organization)と
今回対抗馬の政党RDP (The Rally for Democracy and Progress )の
応援活動がだんだん増えてきた。

車に乗っている人達は両手を組んで頭の上に挙げている。
「ワレワレは~ アール ディー ピーだ~」のポーズみたいなのかな?
歩道を歩いている人達のほとんどは「アタイらはスワポよ~!」と言って、
RDPの支持者に向かって拳を握って片手を挙げるSWAPOのポーズ。

車には大人に交じって選挙権が無い子供も多く乗っていて、狩りだされて?
一緒に選挙を盛り上げとる。

みんな熱い! 傍からその盛り上がりを見ていて
違う政党支持者同士お互いに楽しんでおるような感じにも見える。
選挙はどんだけ盛り上がるんやろ~とワクワクしてくる。

けど、他の地域でSWAPOとRDPの衝突があったみたいで
素直にワクワクはしとれんな~。
どっちつかずで、中立派で。

それからモリモリの家へ夕ご飯を呼ばれに行った。
モリモリ、マー君が入口で学生と話をしていて
RDPのパレードを見たよって意味で、両手を組んで頭の上に挙げて
コンチワ~RDPです!なポーズをした。
そしたら、モリモリ宅の入り口でたむろしとった生徒の中に
ホハンバ現大統領の孫娘が居るじゃありませんか!?

あらら・・・
RDPポーズを撤回してSWAPOポーズに切り替える。
いらんことせんとこ。

その日は日本に戻ったカズ君の置き土産のヒジキを
モリモリが煮物にしてくれてマー君と堪能した。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

ハットハウス

同僚のカングェがちょっと寄るとこがあると言って
町はずれに住んでいるオバさんの家へ行ってきた。

この家、ナミビアの伝統的な作りの「ハットハウス」
屋根が藁葺きで円形の家。外壁は木の棒を立てたりしているのもあるけど
ここはコンクリブロックを積み重ねた家やった。

藁や茅葺きのお宅へお邪魔するのは、高校の同級生の北の家以来やな。
北の家は五箇山の合掌作りの家で、今じゃ世界遺産のひとつですよ。
そんな世界遺産にゃ程遠いハットハウス。
涼しいんかな~と思っておったら意外に暑い。
日本人が暑いと感じてしまうだけかな~と思っておったら
カングェはオレより汗かいて服であおっておる。現地の人も暑いみたい。ハイ。

スパゲッティとライスの鳥の煮込みとぬるいコーラでもてなしてくれた。
人の嫁さんの心配もしてくれてやさしいオバさんやった。

今度ハットハウスでどんな生活しとるんか聞いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

歩くこと

隣の町に住んでいるイシバシさん、ケンゴが歩いてOndangwaまで来た。
距離は30kmチョイくらい。
その前は別のとこ50kmくらい歩いたらしい。
朝早くの涼しい時間に出発しとるみたいやけど~
日中の日差しが強くて暑い中よくやるわと感心する。

普段はタクシーであっという間に通るとこを
ゆっくり目線を変えて歩く。
その辺の人と話したり、子供が一緒に歩いてきたりして~って。

辛そうやけど、面白そう。

小学校の時、家族で隣町の弁財天いうとこまで歩いたことがあった。
あん時バアチャンも一緒に歩いたな。
歩いただけで他に何したか覚えてないけど、
「フフッ、あこまで歩いたった!」いう(満足感らしきモノ?)のが残った。

高校の時、同級生のトールといつも通っている隣町の高校まで歩いていこう!
いうことになって、その時ばかり朝早く起きて歩いて学校へ行ったことがある。
最短距離や!と言って線路を歩いた。(危ないね、やったらアカンね)
しっかり線路に耳を当てて列車が来ないか確認しながら。
隣町に着いて、いつも学校帰りに寄っていたフジタのパン屋でじっくり休憩して
学校に着いたのは1時間目が終わった頃。
いつも通りの遅刻。
そん時も「フフッ、歩いたった!」いうのが残った。

気が向いたらイシバシさん、ケンゴみたいにナミビアで歩きたい。

今は気が向かん。

その晩、ケンゴ、マミちゃん、モリモリがウチに来て、みんなでゴハンを食べた。
ナミビア来て初のスイカを食べた。美味かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

おっぱいありの

3日前に配管した位置やらを記録する為にひとりで現場へ行ってきた。
こっちの人は記録をせんので。

配管したとこはロケーションで、ひとりでそこに行くことはめったにない。
ひとりで足を運ぶきっかけができたので楽しみ。

通りすがりの人にあいさつしつつ作業する。
「なんや、アンタ!オシワンボ喋るんかい!?」みたいな反応をした後に
笑顔であいさつを返してくれる。

配管の位置を測ってノートに記入しとると
そこに住んでおるオバちゃんが「アンタ何やっとるん?」
と不思議そうな顔をするから
説明して自分は日本人だとか、どうのこうの立ち話する。

オバちゃん「昨日仕事に来とったやろ~。子供らが『オシロンボがおった』言うてね~」
ミズキ「『オシロンボ』って何?」
オ「白い人のことや」

白人、アジア人を含めて黒人以外の人のことをオシロンボって言うみたい。

オバちゃんは赤ちゃんを抱えとって。
オ「めずらしいオシロンボがそこにおるよ~」って赤ちゃんに言ってあやす。

そんで話をしとったら、そのオバちゃん、
オッパイをポロンと出して赤ちゃんに飲ませ始めた。
目の前にオシロンボ男性がいるにもかかわらず

お~っと! 裸族のヒンバ族の女性のを見た時以来やな。
黒人さんは胸がデッカイ女性が多い。
ついつい視線がそこへいってしまうこともある。
前回のヒンバ女性、今回のオバちゃんの
2名のサンプル結果からわかったこと

~黒人女性は胸はド~ンと大きいけど垂れている~

こんなこと載せるべきことかと思ったりもしたけど
自分の中でだいぶ引っかかったことやからしょうがない。

その後も作業を続けていたら、
女の子が「こんにちは」と声をかけてきた。
なんで知っておるん?って聞くと
「サトシィ~タカノリ~ヒロカズゥ~に教えてもらった」と。
タカノリ~ヒロカズゥ~は面識はないけど、3人は現・前・元この近くの学校の先生。

歩いておると「チン、チャン、チョン!」って中国人と思って
からかいついでに声を掛けられることが多い。
彼ら日本人のおかげで、
中国と日本は違うという認識が生まれているのはなんだかうれしい。
よし、モリモリ、残りの期間は日本語を広めなさい!
なんてな、まあまあ。

そんなこんなで
ひとりでブラブラ歩く(今回は仕事やな)と
思いがけないことに会ったり、見たりしてなかなか楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

本格的に水道管工事したけど

いつも漏水修理がほとんどで、
ここに来て初の水道管の本格的埋設工事。内径5cmのポリエチレン管やけど、300mくらい。

グレーダー(地盤を均す機械)で無理やんこ配管を埋める溝をグワーンと作っていく。
深さ50cmくらい。
機械は往復しながら少しずつ溝を掘る。
機械が動いている間は危ないんで待機。

その間、職業訓練校から派遣されている訓練生のマリアに
長くなった髪を3、4列編みこまれる。
器用にパッパと編みこんでいくもんやなぁと感心する。

作業内容がぜんぜん伝わってないから~仕事が後手にまわって時間ばっかり過ぎる。
昼休みもしっかり取らずに昼食抜きで配管していく。

パワーのあるナミビアンもさすがに
「オンダソンジャラ~(腹減った~)」と口にでる。
腹へりながらガンバル。

なんやかんやで夕方6時にようやく作業完了。
ホンマ腹減った~。
作業計画をしっかり立てればこんなことにならんはずなんに。


それから、作業現場近くの飲み屋でお疲れさん代わりのの飲み物飲んでけと
ジュースもらって早く家帰ってゴハン作ろう~と思っていたら、
「タケスィ、ビールも飲んでけ」と
いつもは飲みたくないときは断るけど、なんかそん時は断れんくて
ついつい2杯も飲んでしまう。

家に戻って
ゴハン作ろうと思っているうちに台所で寝てしまう。

ZZZ・・・

目が覚めたら夜の10時!
腹は減っていたし、それからチャーハンを作る。

ゴハンを食べ終わって11時。
さっさと風呂入って寝よ~って言っても
一回寝てしまったから、今度は寝付けない。

生活の流れがむちゃくちゃになったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »