« ナマ語であいさつ | トップページ | じゃが »

2009年10月14日 (水)

洪水の恩恵?

ベトナムのマメちゃんの住んでいるとこが最近台風の被害にあって
町は水浸しで腰まで水につかるトコがあったらしい。
台風や洪水は毎年の事で、みんな慣れているみたいで
被害を受けた町も少しずつ元通りに戻っているらしい。

Ondangwaを含むナミビア北部の地域は
雨季(12月~2月かな)には隣の国のアンゴラで降った雨水が集まってくる。
土地が平坦なので水が溜まり、多くの住宅が浸水するらしい。
実際にその状況を見てないから、町の人とかに話を聞いたりしている。

今回警備のニイチャンに話を聞いてみた。
「洪水?そりゃ~そこらじゅう水浸しになるよ。
 けど、そのおかげで魚がいっぱい捕れるんよね。その魚が美味いんよ~。
 オープンマーケットにいっぱい売っておるやろ。もう食べた?」って。

被害が実際にはそこまでひどくないのか、部分的なものなのか、
すごく魚が好きなのか?
まだ経験してないから、実際にどんな状況になるのか確かめてみたいけど
そんな状況になってほしくないな。

|

« ナマ語であいさつ | トップページ | じゃが »

コメント

そうそうー。こっちも「魚がとれるー」とか言っとったよ。フトコロが大きいというか何というか。。現地の人にとっては洪水は当たり前で、それとうまくつきあっていく方法も知っとるんやろうね。でも、被害は最小限にしたいよね。。

投稿: まめVN | 2009年10月22日 (木) 03:08

まめVN
こっちはナマズみたいなのがとれるよ。
こっちのひとは洪水とうまくつきあっていっとるんかな?

投稿: ミズキ | 2009年10月22日 (木) 03:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1197850/31881490

この記事へのトラックバック一覧です: 洪水の恩恵?:

« ナマ語であいさつ | トップページ | じゃが »