« ウクレレの普及に向けて? その2 | トップページ | オシワンボ ホテル? »

2009年8月12日 (水)

金の成る 髪

フィンランド人のマルコが
「髪を切りたいけど、床屋はどこにあるん?」
と聞いてきた。
ミ 「床屋ならそこらじゅうにあるよ」
マル「ちゃう、ハサミを使う床屋」
こっちの床屋はバリカンのみ。

日本のことについてよく聞いてくるTown Councilのシャティワが前に
シャ「タケスィは今度いつ髪を切るん?ハサミを使うとこ知っとるから~」
って言っておったのを思い出し、シャティワのとこへ2人で向かった。

シャ「ポルトガルから来た医者が自分で髪を切っておって、彼のとこへ行けばいい」
床屋じゃない。
Ondangwa の床屋にも2人ほど他に髪を切れるのがいるみたいやけど・・・
なんとなくいやな予感がするマルコは
マル「今度Windhoekへ行った時にする」

そこへTown Planningのマリアがやってきた。
マリアはオレの日焼けした肌と、服の下の日焼けしていない腹を見て
マリ「ここがナミビアンになってって、ここがジャパニーズのままや~ヒャヒャヒャ~」
って、いつも腹を抱えて大ウケする。
マルコにそのことを伝え、また大ウケ。
腕を並べて見比べてみたら、前よりも肌の色が近づいた気がする・・・
ミズキ、ナミビアン化!

で、床屋の話の続き。
マル「オレ、坊主になりたくないから~ここでは切らない」
  「タケシは髪をどこで切った?」
タ 「まだナミビアで切ってない、まだ切らんかな」
マリ「タケスィ、髪切ったらそれちょうだいよ」
タ 「そかそか、あげるわ」 
マリ「タケスィの髪は天然やし、柔らかくて良いから売れるよ!売られよ」
タ 「え”~! ホンマに!? いくらで売れるん?」
マリ「N$ 800くらいやな」
タ 「え”~! アイ キャン ビリーブ ザットォ!やわ」
日本円で約8000円やよ!
ナミビアンの女性はほとんど付け毛をしているわけで
天然モノは貴重らしい。

タ「日本に帰ったら、床屋から髪の毛を集めて送ってあげるわ」冗談。
マリ「どんどん送ってよ!アタシも欲しいし」本気!

髪をバッサリ切った方、最低でも片くらいの長さの髪をお持ちの方
お金になるか試してみませんか?

ハメロー!
アオイも長さがギリギリ大丈夫かな?
トールもきっと髪伸びとるはず。天然パーマでもOK!
髪の毛送ってちょうだいよ!
「ナミビア限定販売 ダムグッズ!」

|

« ウクレレの普及に向けて? その2 | トップページ | オシワンボ ホテル? »

コメント

うそ~!!!髪が8000円?!ほんまにびっくりやね!私も一カ月前長~くなった髪をボブにしてもらったとこ( ̄▽ ̄)あらら、再利用できるとは、惜しいな。。。

投稿: chika | 2009年8月15日 (土) 11:50

chika
あ~、それ送ってほしかった!
マリアは真剣に送ってって言うとるんよ。
マ「日本は捨てるかもしれんけど、こっちはそうじゃないんよ!」って。
マ「タケスィ、日本に戻ったらサロン行って髪を集めて、Town Councilのマリア宛てに送って」って。

投稿: ミズキ | 2009年8月15日 (土) 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1197850/30938741

この記事へのトラックバック一覧です: 金の成る 髪:

« ウクレレの普及に向けて? その2 | トップページ | オシワンボ ホテル? »